アンガーマネジメント静岡教室のコラム

「円満」と「破綻」の差はどこにある?

何を隠そう、これを書いている私自身、離婚経験者です。

今では再婚して最高に円満な夫婦になりましたが、失敗という苦い経験から学んだことがあります。

円満夫婦も、ギスギス夫婦も、どちらか一方でできることではありませんので、夫婦関係で不安を抱えている方にはぜひ、お二人で受講しに来ていただきたいものだと思っておりますが、今回は「円満」と「破綻」の差はどこにあるかということを書いてみたいと思います。

人生を50年以上もやってくると、旧友たちの中にも、円満な人、ギスギスの人、私のように離婚まで経験した人などさまざまです。

友人たちとの付きあいも学校を卒業以来ずっと続いていますので、円満な友人たちを見れば、その円満である秘訣が見えてきます。

簡単に結論をいえば…「どっちが正しい、どっちが間違い」といったことを考えないこと。

それを考えない、または考えてもこだわらない夫婦は、例外なく円満のようで、それを考えることに一生懸命な夫婦はギスギスしてきます。

さらに「離婚」という結末を迎えるのは、夫婦の双方ともが「自分が正しく、相手が間違っている」という、途方もなく強固な結論に生きていることが原因です。

「どうして離婚したの?」

そんなことをストレートに聞くこともあまりないかもしれませんが、離婚した人の中には、聞かれてもいないその質問に自分から答えてくれる人もいます。

「女房が酒乱だった」

「旦那の浮気」

このあたりの「原因」なら、「ああ、それじゃあ仕方ないよね」と納得できますが、中には…

「人格を否定する言葉を言われた」

という人や、

「性格が合わなかった」

という人もいます。

それはそれでそれぞれに深刻な理由なんでしょうから、第三者がとやかく言えた義理はありません。

それでも、同じようなつらい思いをしながらも離婚には至らなかったという人たちもいるんです。

その差はどこにあるかといえば、アンガーマネジメント静岡教室で「天秤思考」と呼んでいる思考ができたかどうかにかかっているのではないかと思います。

天秤思考とは、次の①と②の、どちらが重いかということを冷静に考える思考です。

①相手の存在
②相手に投げつけられて傷ついた言葉や態度

冷静に考えたらほとんどの場合、①の方が大事で重いはずです。ところが「相手が間違っている、自分は絶対に正しい」という思考から抜けきれないと、②の方が重いというようなことになってしまいます。

その結果が「離婚」なんですね。

円満な夫婦にだって、互いに傷つけあったりする言葉や態度はあるはずです。それでも離婚に至らないというのは、誰に教わったともなく、この天秤思考ができているからではないでしょうか。

« 前のコラム:B思考に気づいて関係を改善する方法
« アンガーマネジメント静岡教室のコラム一覧
興津諦ポートレイト
Writer: 興津おきつあきら
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。台北市永漢国際教室専任講師などを経て、1994年大修館書店『月刊言語』に論説『日本語学習者のための新しい日本語文法』を発表。「する/した」「見える/見えた」など、それまで「現在/過去」「未然/已然」「未完了/完了」などと説明されてきた語形変化の意味を、「時制」などの客観基準よりも意識の深い層で主観的に行われる「請け合い/受け止め」という認識行為であることを世界で初めて特定。人が自分の思考や感情も認識の対象としていることが言語にはっきり表れているという新たな事実を明らかにし、以後の研究は思考や感情の自己管理方法へと発展している。アドマック株式会社代表取締役。アンガーマネジメント静岡研究所所長。
【著書】  『夢色葉歌 〜みんなが知りたかったパングラムのすべて〜』(1998年新風舎出版賞受賞)
『日本語入門 〜The Primer of Japanese〜』
『日本語の迷信、日本語の真実 〜本当の意味は主観にあった〜』
『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』

予約する

講座 時間数 受講料 開催日 時間
無料相談会30分 無料 毎週水曜・土曜 水曜 19:00〜
土曜 15:00〜
予約する
ステップアップ講座「思考編」4時間 15,000円 第1〜第3 水・日 12:30〜16:30 予約する
ステップアップ講座「理解編」4時間 15,000円 第4日曜 12:30〜16:30 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 12:30〜14:00 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 19:00〜20:30 予約する
どの講座からでも受講可 受講料(教材費込・税込)は銀行振込(振込手数料受講者負担)となります 教室定員12名 先着順締め切り