アンガーマネジメント静岡教室のコラム

認識の基本形:請け合いと受け止め

請け合い/受け止め
この図が、私たちの認識の基本形です。

日本語の動詞では、「見える/見えた」というように「る/た」または「-u/-ta」「-u/-da」という語形のペアが使い分けられています。

形容詞では「楽しい/楽しかった」というペア、名詞や形容動詞では「だ/だった」というペアです。

このような言葉の変化が何を意味するかということについて、従来は「現在/過去」や「未然/已然」、または「未完了/完了」であると説明されてきました。

それらがどういう基準から出てきた説明かというと、「客観的事実」です。

つまり、「見える」というのは「現在」または「未来」に起こることで、「見えた」といえば「過去」に起こったことであるという見方です。

ところが私たちの日本語に限らず実際の言葉の使われ方というのは、そうした基準から外れた、例外であるとするしかない用例にあふれています。

上の図で説明しているのは「請け合い/受け止め」という見方です。

これは客観的事実ではなく、言葉を発する私たちの意識がどうかという点に着目したものです。

「請け合い」では、たとえば「見え」という言葉で表される対象=事象に対して、意識の方が主導的です。意識が対象を「請け合う」形となり、そのような時には「見える」となります。

「受け止め」では、自分の意識自体に対して、「見え」という対象の方が主導的です。意識は対象を「受け止める」形となり、それが「見えた」となります。

「請け合い/受け止め」という見方による説明には、一切の例外がありません。

「考え」という対象についても、その対象は「自分自身の思考」という内面にあるものですが、「意識」が「思考」という対象を認識していて、「考える」なら「請け合い」、「考えた」なら「受け止め」という認識のタイプを表しています。

それを表し、相手に伝えることによって、私たちは自分の認識がどうなのかを伝え、それによって「客観的事実」も伝えることが可能になっているというわけです。

「私たち」の「意識」というものが、自分の思考も対象にしているというのは紛れもない事実です。

それがこのように、言葉の最も基本的な「ペア」の使い分けによって表されているということです。

このような説明が初めて発表されたのが、大修館書店 月刊『言語』1994年12月号に掲載された『〈日本語学習者のための〉新しい日本語文法』です。

大修館書店 月刊『言語』1994年12月号
« 前のコラム:呼吸で怒りを解消する
« アンガーマネジメント静岡教室のコラム一覧
興津諦ポートレイト
Writer: 興津おきつあきら
国内でもっとも権威ある言語学専門誌である大修館書店『言語』にて日本語の語尾「る/た」使い分けの原理を歴史上初めて解明するなど、無意識下の認識に関する法則性についての先駆的な研究を行なっている “無意識のエキスパート” 。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒・台北市永漢国際教室専任講師・富士国際日本語学院教務主任などを経て、現在はアドマック株式会社代表取締役・アンガーマネジメント静岡研究所所長。1960年静岡市生まれ。 【著書・著作】 『日本語入門 〜The Primer of Japanese〜』(富士国際日本語学院・創学社) 『日本語学習者のための新しい日本語文法』(大修館書店『言語』1994年12月号) 『夢色葉歌 〜みんなが知りたかったパングラムの全て〜』(新風舎出版賞受賞) 『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』(アドマック出版) 『日本語の迷信、日本語の真実 〜本当の意味は主観にあった〜』(アドマック出版) 『興津諦のワンポイントチャイニーズ』(SBSラジオ)

予約する

講座 時間数 受講料 開催日 時間
無料相談30分 無料 毎週水曜・土曜 水曜 19:00〜
土曜 15:00〜
予約する
ステップアップ講座「思考編」4時間 15,000円 水曜・日曜 12:30〜16:30 予約する
ステップアップ講座「理解編」4時間 15,000円 第4日曜 12:30〜16:30 予約する
呼吸法講座2時間30分 10,000円 第3日曜 14:30〜17:00 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 12:30〜14:00 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 19:00〜20:30 予約する
どの講座からでも受講可 受講料(教材費込・税込)は銀行振込(振込手数料受講者負担)となります 教室定員12名 先着順締め切り