アンガーマネジメント静岡教室のコラム

“性格のまま” と “プラスアルファ”

これは、静岡教室のアンガーマネジメントでやろうとしていることを図にしたものです。(今ひとつ完成度の高くない図で申し訳ありません。)

左の「性格そのまま」を見てみると…

遺伝的、つまり先天的な脳の個性と、経験によって決まってきた脳の個性があって、その二つによって「性格」という脳の個性が決まってきます。

左は、それが思考・判断のしかたを決めているという図です。

それに対して右の「Anger Management」を見てみると…

左と同じように「性格」が決まっていますが、それにもうひとつ「プラスアルファ」を加えることによって、性格そのままではない思考・判断をしようという図です。

このコラムで何度も紹介しているように、私たちは理性も含め、ほとんどを無意識のプロセスで判断しています。判断のプロセスのうち、自分でちゃんと意識できるのはたったの5%とともいわれていますから、その95%が、無意識のうちに性格などが決めてしまっているということです。

例えば異性について、好きなタイプや嫌いなタイプというのがありますが、どうしてその人が好きなタイプで、あの人は嫌いなタイプなのかということを、私たちは明確に説明することができません。

異性でなくても、特定の人の性格について見る場合に、自分の性格と相性が良い/悪いと感じることについても同じです。

「そんなことはない。自分はちゃんと説明できますよ」という人でも、脳科学ではその説明のほとんどを「後づけ」であると見ます。たとえ納得のいく説明ができたとしても、それは「納得してもらえる説明をしよう」という意識によって、思考をフル回転させて導き出したものなんですね。

頭の良い人は、うまい説明をして、それ以後に繰り返される判断にわたっても整合性の取れる説明をするかもしれませんが、それとても「矛盾が出ないように説明する」という能力に長けているからできた説明であって、無意識下で判断していた本当のプロセスを全て意識の表に出すことができたということはめったにないということです。

静岡教室のアンガーマネジメントでやろうとしている課題には、「嫌いなタイプ」の人に対する不愉快な感情という判断を無意識のままにせず、どんなタイプの人に対してもできる限り公平に接することができるようになることという課題が含まれます。

そのために必要となる「プラスアルファ」をどうやって身につけていくかというのが、アンガーマネジメント静岡教室の「アンガーマネジメントステップアップ講座思考編」です。 « 前のコラム:神さま仏さまの役割
« アンガーマネジメント静岡教室のコラム一覧
興津諦ポートレイト
Writer: 興津おきつあきら
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。台北市永漢国際教室専任講師などを経て、1994年大修館書店『月刊言語』に論説『日本語学習者のための新しい日本語文法』を発表。「する/した」「見える/見えた」など、それまで「現在/過去」「未然/已然」「未完了/完了」などと説明されてきた語形変化の意味を、「時制」などの客観基準よりも意識の深い層で主観的に行われる「請け合い/受け止め」という認識行為であることを世界で初めて特定。人が自分の思考や感情も認識の対象としていることが言語にはっきり表れているという新たな事実を明らかにし、以後の研究は思考や感情の自己管理方法へと発展している。アドマック株式会社代表取締役。アンガーマネジメント静岡研究所所長。
【著書】  『夢色葉歌 〜みんなが知りたかったパングラムのすべて〜』(1998年新風舎出版賞受賞)
『日本語入門 〜The Primer of Japanese〜』
『日本語の迷信、日本語の真実 〜本当の意味は主観にあった〜』
『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』

予約する

講座 時間数 受講料 開催日 時間
無料相談会30分 無料 毎週水曜・土曜 水曜 19:00〜
土曜 15:00〜
予約する
ステップアップ講座「思考編」4時間 15,000円 第1〜第3 水・日 12:30〜16:30 予約する
ステップアップ講座「理解編」4時間 15,000円 第4日曜 12:30〜16:30 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 12:30〜14:00 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 19:00〜20:30 予約する
どの講座からでも受講可 受講料(教材費込・税込)は銀行振込(振込手数料受講者負担)となります 教室定員12名 先着順締め切り