アンガーマネジメント静岡教室のコラム

社会性と報酬系のこと

報酬系というのは、脳内のシステムのひとつで、 “喜び” とか “満足感” と呼ばれるような快さを感じる仕組みのことですが、私たちの誰もが共通して感じる喜びばかりではなく、人ぞれぞれに異なる満足を求めているということもあります。

最近の脳科学の話題でよく出てくることの中に、「優しくされるよりも優しくしてあげることの方が報酬系は活性化する」というものがあります。

10ドルもらう喜びよりも10ドル寄付してあげることによる喜びの方が大きいとか、ちょっとそこにある物を取ってもらうよりも取ってあげる人の方が喜びを感じることが多いといったことです。

たとえば食べ物が一人分しかないというような時、自分が食べるよりも食べたがっている家族にあげることの方が “満たされ感” が強いのではないでしょうか。

そのような利他的な行為は、自分の空腹を満たすことにはなりません。自分が食べて満たされる満足(満足①)は、自分は食べずに人に与える満足(満足②)より大きくても良さそうなのに、(もちろん与える相手にもよるわけですが)「満足②」の方が強いということも案外多いわけです。

どのような行為が自分を満足させるかというのは、遺伝的な要素もあれば、経験によって身についた要素もあるでしょう。

とても賢いことを隠してバカなふりをし、人に優越感を与えるのが好きな人がいます。(Aタイプ)
その一方で、大して賢くないのに賢いふりをしたがる人もいます。(Bタイプ)

頼まれていないことでもしゃしゃり出て、どんな仕事でも人一倍働きたがる人がいます。(Aタイプ)
その一方で、働いているふりはしても実は楽ばかりしているという人もいます。(Bタイプ)

Aタイプの人というのは、人のためになることによって得られる満足をたくさん経験してきていたりするんでしょうけれども、Bタイプの人というのは、人のためになることによって得られる満足というものをあまり経験したことがなかったりするのかもしれません。

私たち人類は、社会性を保つことによって正常な精神生活ができるようにできていますから、Aタイプであることの方が人生は充実し、幸せになりやすいということがいえると思います。

Bタイプのままでいる人というのはその反対で、人生に充実感が得られにくく、幸せにもなりにくいということでしょう。

BタイプをAタイプに変えることができれば、より多くの人がより良い人生を生きられるようになりそうですが、そのためには、利他的な行為による満足感というものをコツコツと経験して積み重ねていくということになるんじゃないでしょうか。 « 前のコラム:イライラ・怒りの原因療法について
« アンガーマネジメント静岡教室のコラム一覧
興津諦ポートレイト
Writer: 興津おきつあきら
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。台北市永漢国際教室専任講師などを経て、1994年大修館書店『月刊言語』に論説『日本語学習者のための新しい日本語文法』を発表。「する/した」「見える/見えた」など、それまで「現在/過去」「未然/已然」「未完了/完了」などと説明されてきた語形変化の意味を、「時制」などの客観基準よりも意識の深い層で主観的に行われる「請け合い/受け止め」という認識行為であることを世界で初めて特定。人が自分の思考や感情も認識の対象としていることが言語にはっきり表れているという新たな事実を明らかにし、以後の研究は思考や感情の自己管理方法へと発展している。アドマック株式会社代表取締役。アンガーマネジメント静岡研究所所長。
【著書】  『夢色葉歌 〜みんなが知りたかったパングラムのすべて〜』(1998年新風舎出版賞受賞)
『日本語入門 〜The Primer of Japanese〜』
『日本語の迷信、日本語の真実 〜本当の意味は主観にあった〜』
『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』

予約する

講座 時間数 受講料 開催日 時間
無料相談会30分 無料 毎週水曜・土曜 水曜 19:00〜
土曜 15:00〜
予約する
ステップアップ講座「思考編」4時間 15,000円 第1〜第3 水・日 12:30〜16:30 予約する
ステップアップ講座「理解編」4時間 15,000円 第4日曜 12:30〜16:30 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 12:30〜14:00 予約する
アンガーマネジメント入門講座90分 3,240円 第1〜第4 月・土 19:00〜20:30 予約する
どの講座からでも受講可 受講料(教材費込・税込)は銀行振込(振込手数料受講者負担)となります 教室定員12名 先着順締め切り