A=CLの法則。怒りは要求と理解不足をかけ合わせたもの。CとLを自覚しよう!
最新科学なのにわかりやすい! 人生が変わる本講座。
アンガーマネジメント講座「思考編」(心理学と脳科学の講座)は、今まで無意識だった「怒り」「イライラ」「不安」「イヤな気持ち」「自己不信」などの原因をはっきり特定し、 “理想的な自分になる” ための4時間の集中講座です。

最新の心理学や脳科学にもとづいていますが、イラストいっぱいのスライドで直感的に理解でき、とてもエキサイティングな内容になっています。

講座スケジュール

講座 時間数 受講料
アンガーマネジメント講座「思考編」4時間 15,000円 スケジュールを見る
受講料(教材費込・税込)は当日教室にてお支払いください 教室定員12名 先着順締め切り

A=CLの法則

A=CLの法則。怒りは要求と理解不足をかけ合わせたもの。
「怒り」や「イライラ」(以下「怒り」)を生み出す原因は大きく2つあるというセオリーです。

その2つとは、「要求」と「理解不足」。怒りはこの2つがかけ合わさって生みだされます。「要求」が強ければ怒りを大きくすることになり、「理解不足」の状態が続けば怒りはおさまりません。

「要求」があったとしても「理解不足」が「0」(完全になくなる)なら怒りは解消し、「理解不足」であったとしても「要求」が「0」(ない)なら怒りはそもそも発生しないのです。
A=C×L

A:怒り(Anger)

C:要求(Claim)、主張(Claim)、期待(Illusion)、希望(Hope):原因となる “物質” (Causative substance)

L:理解不足(Lack of understanding and/or prediction):原因となる “状態” (Causative state)

C=0(要求なし) または L=0(理解不足なし) の場合、A=0(怒りなし)

要求とは?

「要求」とは「自己保全」というべきもので、「自分が大事にしているものごとを守りとおしたい」と考えていることや、「人間関係の中にあって他者と対等な状態を保ちつづけたい」と考えていることです。

理解不足とは?

対象に対する理解度が不足しているという “状態” のことで、「理解」とは「対象の言動などが予測できるレベルの的確な理解」であることを意味します。ある相手に対して「こうするべきだ」と自分は考えているのに相手はそれに大きく反しているということがあります。自分からの要求が強くて相手の反し方がひどければ怒りも大きくなりやすいということになるのですが、「相手がどうして自分の要求に反するのか?」という「相手側の事情」を正しくはっきりと理解することによって、相手の言動は予測も可能になり、怒りも解消します。理解不足が大きいままなら、怒りも大きいまま持続します。

自分の要求を自覚して区別する

自分の方から「要求」が生じていることを自覚することができれば、その要求が「どうしても必要な要求」なのか、「先送りしてもよい要求」なのか、あるいは「自分から引っ込めてしまうべき要求」なのかといった区別ができるようになります。

相手の事情を正しく理解する

「相手がどうしてそうしたりそう言ったりするのか?」という原因や理由について理解することができていれば、怒りという反応は出にくくなりますし、怒りが出てしまってもそこから悪循環に向かうような思考(怒り思考)には陥りません。

理解しきれなくても、その理解不足を自覚する

相手を完全に理解するということは、そう簡単なことではありませんし、実際には「全部は理解できない」というのが普通なのですが、アンガーマネジメントで自分の怒りやイライラの感情を持続させないようにするためには、「全部は理解できない」ということを自覚するだけで一気に楽になってしまいます。

怒りの反射と怒り思考

怒りやイライラは、二段階でやってきます。最初に来るのは「怒りの反射」、次に来るのが「怒り思考」です。「反射」というのは、足をぶつけて「痛い!」というのと同じことなので、これを完全になくすことはできませんが、次に来る「怒り思考」は避けることが可能です。

講座スケジュール

講座 時間数 受講料
アンガーマネジメント講座「思考編」4時間 15,000円 スケジュールを見る
受講料(教材費込・税込)は当日教室にてお支払いください 教室定員12名 先着順締め切り