怒りを手放す

怒りの反射、怒り思考、どちらも拳を固く握った状態です。

怒りの反射の瞬間はしかたないとしても、その後の思考では、怒りを手放してください。

写真のように、開いた両の手のひらを上に向けてみてください。

晴れた空から降り注ぐお日さまの光を手のひらいっぱいに受け止めるイメージで。

そうすることで、怒り思考を手放すんです。

机を前に椅子に座っているときなら、膝の上でこれをすることで、他の人から「あれ? 何してるの?」と不思議がられずにすみます。

それができず、どうしても人から見られてしまうようなら、手のひらは上に向けなくてもかまいません。とにかく握りこぶしを開いてみてください。

車の運転中でハンドルを握ったままという場合には、手を開いてしまうのは危険です。その場合は、自分の手のひらに意識を向けて、心の中で、手を開いてください。

そのように、実際には開かなくても、心の中で開くだけでも、十分に怒りを手放すことができます。

これは暗示とかおまじないではありません。手を開くという心理状態になることによって、扁桃体の暴走を止める効果があるんです。

大事なことは、怒り思考を投げ出すこと。捨ててしまうことです。

怒り思考については、アンガーマネジメントステップアップ講座思考編で、とても詳しく学びます。

Akira Okitsu
【興津諦プロフィール】昭和35年6月静岡市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。認知科学研究、語学教育、文筆活動、アンガーマネジメント・メンタルトレーニング、ウェブサイト、グラフィックデザインなど、共感を得るための広範なコンテンツ開発を専門とする。平成6年大修館書店『言語』誌にて、時制や相に表れる認識の根本原理の存在を世界で初めて指摘。平成24年静岡商工会議所観光飲食部会にて地域資源発掘のためのテーマコピー「余ハ此處ニ居ル」を発案後、久能山東照宮神廟の研究に関わることとなり『季刊すんぷ』を発行。平成27年静岡市公式観光サイトの主要コンテンツ『極楽都市しずおか』を企画制作。アドマック株式会社代表。日本認知科学会会員。 【著書・著作】■『日本語入門』(平成5年富士国際日本語学院・日本語ブックセンター創学社)■『新しい日本語文法』(大修館書店『言語』平成6年12月号)■『夢色葉歌 ─ みんなが知りたかったパングラムの全て』(平成10年新風舎出版賞受賞)■『興津諦のワンポイントチャイニーズ』(平成23年〜24年SBSラジオ)■『パーミストリー ─ 人を生かす意志の話』(平成25年アドマック出版)■『日本語の迷信、日本語の真実 ─ 本当の意味は主観にあった』(平成25年アドマック出版)■『余ハ此處ニ居ル ─ すんぷ特別版』(平成27年アドマック出版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。