私たちの意識はどこある? なにを観察している?

私たちが「わたし」とか「自分」と思っているのは、実は「性格」とか「感情」「気分」とかではなくて、それよりも深いところにいる「意識」です。

本当の自分とは何か? それを一言でいえば、「意識」なんですが、じゃあ「性格」とか「気分」とかは何なのかというと、「私たちが持たされている持ちもの」だと考えるとわかりやすいでしょう。

「性格」とは、脳の中で日ごろは意識のとどかないところにあって・・・

(1)親から受け継いだ遺伝的な気質や体質
(2)これまで生きてきた中でのさまざまな経験によって身についた、ものごとへの反応のしかたや考え方

・・・ということになるんですが、(1)も(2)も、好むと好まざるとにかかわらず、私たちが持たされてしまっているものであって、自分の意志で簡単に身につけたり捨てたりできるものではありません。

「自分の意志ではどうにもならない、だからそれが自分なんだ」と思ったり感じたりしてしまうのも自然なことですが、そうではなく、この・・

「深いところにいる意識である私たちが、自分の意志によらず持たされてしまっている持ちもの」=「性格」

・・という見方をすることで、本当の自分である意識というものが、実は「良い意識」「悪い意識」というように分類できるものではなく、「良い/悪い」と分類できそうなのは「持たされている性格」や、一時的に現れる「考え」や「思い」や「言葉」なのだと、はっきり認識できるようになります。

そう、私たち=意識というのは、良くも悪くもない存在なんです。

じゃあ、その意識って、どこあるの? という疑問もあるかもしれません。

脳科学(ニューロサイエンス)では、前頭前野(または前頭前皮質)が意識の中枢だとされていますが、それだとちょっと実感が・・・ということがあると思います。

そこでわかりやすい喩えがあります。つまり・・・

  • 自分の全体=海と考える。
  • 意識=本当の自分は、深い海の底にいる。
  • 深い海の底から、海面や波打ち際や、空まで、全部を感じている。
  • 変わりやすいのは海の浅い方であって海底はなにも変わらない。
  • 海の浅い方には、感情や思考がある。

「そんなこと今まで考えたことなかった」という人でも、ちゃんとこの通りに生きていて、それは私たちの言葉にもちゃんと表れています。

「ああ、腹立ってきた!」

これは「腹が立つ」という情動(脳の扁桃体で起こるもの)が、海の浅いところにあって、自分=海の深いところにいる意識が、それを観察しているからこのような実況=発話ができるという事実を表しています。

「なんかね、今ちらっと頭をよぎっただけなんだけどね・・・」

これは「ちらっと頭をよぎる」という思いが、海の浅いところにあって、自分=海の深いところにいる意識が、それを観察しているからこのような実況=発話ができるという事実を表しています。

「腹が立つ」という感情や、「頭をよぎる」という思考は、本当の自分である意識によって観察の対象になっている、だからこの発話のように実況を語れるというわけです。

このような事実から、思考や感情がどんなに揺れ動いたり変わったりしても、本当の自分は何が起きても変わらないところで定点観測しているんだということがわかると思います。

そしてそれは自分だけではなく、自分以外の人たち全員がそうなのだということも意識できるようになります。

というのは、イヤな人がいたとしても、その人の思考や感情に表れる性格、つまりその人が自分の意志で身につけたわけではなく仕方なく持たされてしまった持ちもののせいであって、本当のその人が「イヤな人」だというわけではないということが意識できるんです。

Akira Okitsu
【興津諦プロフィール】語学教育、異文化理解、グラフィックデザイン、翻訳、出版など、多様なコミュニケーション業務にプロとして携わる一方、1994年『言語』誌(大修館書店)において、時制や相にも表れる “言語の根本原理” の存在を言語学史上初めて指摘。その後も “無意識のエキスパート” として、クライアント・相談者に多面的なアドバイスをおこなっている。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。アドマック株式会社代表取締役。アンガーマネジメント静岡研究所所長。日本認知科学会会員。1960年6月静岡市生まれ。 【著書・著作】 ■『日本語入門 〜The Primer of Japanese〜』(1993年) ■『新しい日本語文法』(大修館書店『言語』1994年12月号) ■『夢色葉歌 〜みんなが知りたかったパングラムの全て〜』(1998年 新風舎出版賞受賞) ■『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』(2013年) ■『日本語の迷信、日本語の真実』(2013年) ■ 『余ハ此處ニ居ル 〜すんぷ特別版〜』(2015年)■ 『興津諦のワンポイントチャイニーズ』(2011〜2012年SBSラジオ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。