イヤな人、最悪の人とどうつき合うか?

「そんなにイヤな人? 困った人?」
「イヤな人だ。救いようがなく、困った人だ。どうにもならない人だ。
できれば近くにいてほしくない人だ。近くにいるとわかっただけで自分を不安にする人だ」

「その人をそう思うのは自分だけ?」
「いえいえ、自分だけではない。他の、多くの人たちも、自分と同じような目に遭っている。だから、自分がその人を嫌うのは当たり前であって、自分は間違っていない」

「その人を知る全員がそう思っている?」
「全員かというと、そうではない」

「その人を知る人のうち、自分ほどイヤとは思っていない人、さほどでない人もいる?」
「いる」

「じゃあ、そのさほどでもない人は、その人をどう思っている?」
「好きではないと思う」

「嫌っている?」
「どちらかといえば嫌っていると思う」

「嫌っていることを言葉や態度に表す?」
「表さない」

「じゃあどうして、そのさほどでもない人たちは、その人に対するあからさまな言葉や態度を出さずに生きている?」
「ガマンしているんだろうと思う」

「ガマンだけで、言葉や態度を出さないでいられる?」
「ガマンだけではないかもしれない」

「ガマン以外に、なにが考えられる?」
「おそらく、とりたてて何も考えていないんだろうと思う」

「そう! 重要なヒントはそれ。あなたがその人をそんなに嫌うのは、あなたが “あるもの” をその人よりも大事にしているからなんだ」
「あるものって、何?」

「それは、その人に対する評価」
「誰がする評価?」

「あなたが、その人に対してする評価」
「あの人のことを私が評価している?」

「あなたはその人のことを、『あの人はこういう人だ』と、特定の評価で見ているということ。その評価を、その人という存在よりも、上位に置いているんだ」
「自分からの評価が、相手の存在よりも上?」

「その人そのものを、その人そのままに見るということ。それが何よりも大事なこと。なのに、あなたはそうではなく、自分が握りしめている “評価” に従って見ているということ。あなたのその “評価” はきっと正しいんだろうけど、その “評価” を最上位に置いてしか、その人を見られいないのだとすれば、あなたはずっとその人のことで苦しまなければならないよ」
「私があの人のことを理解していないということ?」

「評価するためだけの限られた理解はしているかも。でもそれは、停止したままの、限界のある理解。そのような理解は、本当の理解じゃない」
「それは考えたことがなかった」

「あなたは固定された評価を握りしめたまま、その人との関係を続けている。だからこれからは、その握った手を開いて、握りしめてきた評価を手放して、評価とは無縁なところからその人を見るようにしてごらん。その人にあえて近づこうという話ではない。その人に対して、 “さほどでもない人たち” と同じようになることだよ。それは難しいことではないはず」
「あの人のことを、とりたてて何も考えないということ?」

「自分の中の “評価” から思考を始めると、その “評価” は化物のように大きくなってしまう。 “さほどもでない人たち” は、とくに評価を大事にしていないし、たとえ評価を持っていたとしても、そこから思考を始めない。だからたとえ評価があったとしても、化物は生まれないんだよ」
「自分が握りしめていた評価が化物を作り出していたということか! よくわかりました。ちょっと先が明るくなってきた!」

Akira Okitsu
【興津諦プロフィール】昭和35年6月静岡市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。認知科学研究、語学教育、文筆活動、アンガーマネジメント・メンタルトレーニング、ウェブサイト、グラフィックデザインなど、共感を得るための広範なコンテンツ開発を専門とする。平成6年大修館書店『言語』誌にて、時制や相に表れる認識の根本原理の存在を世界で初めて指摘。平成24年静岡商工会議所観光飲食部会にて地域資源発掘のためのテーマコピー「余ハ此處ニ居ル」を発案後、久能山東照宮神廟の研究に関わることとなり『季刊すんぷ』を発行。平成27年静岡市公式観光サイトの主要コンテンツ『極楽都市しずおか』を企画制作。アドマック株式会社代表。日本認知科学会会員。 【著書・著作】■『日本語入門』(平成5年富士国際日本語学院・日本語ブックセンター創学社)■『新しい日本語文法』(大修館書店『言語』平成6年12月号)■『夢色葉歌 ─ みんなが知りたかったパングラムの全て』(平成10年新風舎出版賞受賞)■『興津諦のワンポイントチャイニーズ』(平成23年〜24年SBSラジオ)■『パーミストリー ─ 人を生かす意志の話』(平成25年アドマック出版)■『日本語の迷信、日本語の真実 ─ 本当の意味は主観にあった』(平成25年アドマック出版)■『余ハ此處ニ居ル ─ すんぷ特別版』(平成27年アドマック出版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。