共感を壊すNG思考

とても久しぶりの更新になってしまって、お読みくださっている皆さんには、本当に申し訳なく、お詫び申し上げます。

今回は「NG思考」というものを知っていただきたいと思います。

NG思考とは、やらない方が楽になれる思考のこと。

いろいろありますが、その代表が「ワルイ思考」です。

▼ワルイ思考
「あの人が悪い」
「自分は絶対悪くない」
「自分も悪いかもしれないけど、あの人はもっと悪い」
「自分は間違ってない。間違ってるのは相手の方だ」

これは以前からここでよく紹介している「怒り思考」なんですが、「怒り」というほど感情は強く出ていないものの、上のような考えをしていれば、それを「ワルイ思考」と呼ぶことにしています。

これと同じような、やらない方が楽になれる「NG思考」には、次のようなものがあります。

▼セイダ思考
「あの人のせいだ」
「あの人のせいでいつも嫌な思いをする」
「自分のせいにしないでほしい」
「自分がバカなせいだ」

このように「せいだ」「せいで」が出てくる思考です。

▼クセニ思考
「新入りのくせに偉そうだ」
「経営者のくせにそんなことも知らないのか」
「自分がやると言ったくせに何もやっていない」

このように、相手を責める「くせに」が出てくる思考です。

「NG思考」と見るべき思考は、まだ他にもいろいろあるんですが、これをやるとどうして苦しくなるかと簡単に言えば、人との共感を壊してしまうからです。

このコラムですでに何度も書かせていただいていることですが、《共感》こそが、私たち人間が生きていくうえで《一番欲しいもの》です。

私たちは生まれたばかりのころから《共感》を求め始めるというのが事実です。《共感》なしには生きられないんです。

Akira Okitsu
【興津諦プロフィール】昭和35年6月静岡市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。認知科学研究、語学教育、文筆活動、アンガーマネジメント・メンタルトレーニング、ウェブサイト、グラフィックデザインなど、共感を得るための広範なコンテンツ開発を専門とする。平成6年大修館書店『言語』誌にて、時制や相に表れる認識の根本原理の存在を世界で初めて指摘。平成24年静岡商工会議所観光飲食部会にて地域資源発掘のためのテーマコピー「余ハ此處ニ居ル」を発案後、久能山東照宮神廟の研究に関わることとなり『季刊すんぷ』を発行。平成27年静岡市公式観光サイトの主要コンテンツ『極楽都市しずおか』を企画制作。アドマック株式会社代表。日本認知科学会会員。 【著書・著作】■『日本語入門』(平成5年富士国際日本語学院・日本語ブックセンター創学社)■『新しい日本語文法』(大修館書店『言語』平成6年12月号)■『夢色葉歌 ─ みんなが知りたかったパングラムの全て』(平成10年新風舎出版賞受賞)■『興津諦のワンポイントチャイニーズ』(平成23年〜24年SBSラジオ)■『パーミストリー ─ 人を生かす意志の話』(平成25年アドマック出版)■『日本語の迷信、日本語の真実 ─ 本当の意味は主観にあった』(平成25年アドマック出版)■『余ハ此處ニ居ル ─ すんぷ特別版』(平成27年アドマック出版)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。