プロフェッショナルとは神さまのこと

かつて三波春夫さんは「お客様は神さまでございます!」と言ったものでした。

それが頭にこびりついてきたためなのか、「客=神」というのが日本の常識みたいになってきたところがあります。

それには弊害もあって、「自分は客なんだ! お前はたかが店員だろう!」みたいに、威張りたがるお客さんが「自分は正しい」という怒り思考をエスカレートしやすいということがありそうです。

そんなマナーのない人は、神さまどころか客ですらないと思われてしまいますから、「自分は偉いんだ」の原因になっている「客=神」という考え方は、少なくとも自分が客になった時には忘れておきたいものですね。

以下は、むしろ店員こそが客の神になれるという話です。

NHKのテレビ番組で、さまざまな分野のプロフェッショナルを紹介してくれるものがありますが、その中でそれぞれのプロフェッショナルの方が「プロフェッショナルとは?」に対する自分なりの答を披露してくれます。

皆さん一流の方ばかりですから、その答にもさすがに説得力があって、なるほどと思わせてくれるんですが、答は人によってバラバラで、要するにプロフェッショナルって何? ということについては、人それぞれが自分なりに答を出すしかないのかもしれません。

そんなプロフェッショナルたちの答から、なんとか短くわかりやすく、誰の答とも矛盾しない「プロフェッショナル条件」というものを出すとすれば、それは・・・

客の望みを、客の期待以上のレベルでかなえること。

それは、客にとっての神になること。

・・・ということになるんじゃないでしょうか。

本物のプロフェッショナルになることができれば、お客さんは出すお金を惜しみません。お金を払った上に、深く心から感謝してくれます。

そしてそこにも、A思考が働いています。

つまり、本物のプロフェッショナルは、顧客の存在を積極的に肯定するA思考の人であるということです。

そんなA思考が仕事で成果を出した時、今度は顧客の方からプロフェッショナルに対して、はっきりとしたA思考が返ってきます。

仕事を依頼する段階では、「ああしてほしい、こうしてもらいたい」と、プロフェッショナルに要求するばかりだった顧客でさえ、プロフェッショナルが出してくれた成果によって心を大きく揺り動かされて、プロフェッショナルの存在の尊さ、ありがたさを感じて、これこそが神の業だとさえ思えてくる・・・。

そんなプロフェッショナル、神さまのようなプロフェッショナルに、私たちもなりたいものですね。

Akira Okitsu
語学教育、異文化理解、グラフィックデザイン、翻訳、出版など、多様なコミュニケーション業務にプロとして携わる一方、国内で最も権威ある言語学専門誌『言語』(大修館書店)に無意識下の認識に関わる新理論を発表。認識行為の裏にある “無意識のメカニズム” に詳しく、ストレスに強くなるための多面的なアドバイスをおこなっている。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒。アドマック株式会社代表取締役でアンガーマネジメント静岡研究所所長。日本認知科学会会員。1960年6月静岡市生まれ。 【著書・著作】 ■『日本語入門 〜The Primer of Japanese〜』(1993年) ■『新しい日本語文法』(大修館書店『言語』1994年12月号) ■『夢色葉歌 〜みんなが知りたかったパングラムの全て〜』(1998年 新風舎出版賞受賞) ■『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』(2013年) ■『日本語の迷信、日本語の真実』(2013年) ■ 『興津諦のワンポイントチャイニーズ』(2011年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。